MENU OPEN

INTRODUCTION

痛快&爽快、'大暴走'アクション・エンタテイメント誕生!!

『レオン』、『LUCY/ルーシー』の監督リュック・ベッソンが原案・脚本・製作。監督に『タイタニック』や『アバター』などジェームズ・キャメロン監督の右腕として活躍、監督作『イントゥ・ザ・ストーム』で注目のスティーヴン・クォーレを迎えた本作は、最強の部隊ネイビーシールズが陸上、空中、そして水中で大暴れする、痛快かつ爽快なアクション・エンタテインメントだ。

 

ネイビーシールズきっての荒くれチームのリーダーには、『300〈スリーハンドレッド〉~帝国の進撃~』で屈強な肉体美を見せつけたサリバン・ステイプルトン。チームのメンバーには、『トワイライト』シリーズのチャーリー・ビューリーなど、演技派の俳優が揃えられた。彼らの上官には『セッション』の鬼教師役でアカデミー賞(R)助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズ。本作でも、鬼上司ぶりを存分に発揮している。金塊奪還作戦のカギを握る女性ララには、『鑑定士と顔のない依頼人』で老鑑定士を虜にしたシルヴィア・フークス。『ブレードランナー2046』でも重要な役どころを演じる注目の女優が、小悪魔的な魅力全開で荒くれ者たちと水中アクションに挑戦する。チームのメンバーは皆、実際に元シールズのトレーナーから訓練を受け、地上の何倍もの時間や体力を使う水中での撮影のために、数週間の特訓をやり遂げた。彼ら5人は訓練を通して本物のシールズそのままの深い絆を結び、ハードな撮影を乗り切った。

撮影は、ドイツ、クロアチア、マルタ、フランスと4か国にまたがって行われた。ミッションの舞台となる湖底に眠る水中都市を始め、軍事基地から戦車、戦闘機に至るまで、全てロケセットや実機と、リアルさにこだわった。その結果、CGを越える迫力あるアクションシーンや水中シーンが生まれている。
冒頭から戦車でド派手に暴れまくり、ヘリと戦闘機の大チェイスに生身の肉弾戦! そしてクライマックス、タイムリミットが迫る中で繰り広げる水中都市でのバトルは、息詰まるサスペンスとアドベンチャー感が満載!